1. HOME >
  2. インタビュー >

叡知オフィスクラウドの活用で商談数が2倍に。社員、クライアントの満足度も向上

次世代都市型サテライト農園「ウェルネス Mirai Farm」の運営を通じて、障がい者就労支援事業を展開する株式会社ウェルネスキャリアサポート様

 

これまで外出先での合間時間の活用が課題でしたが、叡知オフィスクラウドの導入後は商談数が約2倍になりました。今回は叡知オフィスクラウド導入の背景や導入後の効果、今後のオフィスの在り方について事業推進部主任 吉形大介様にお話を伺いました。

 

 

 

移動時間を削減し生産性向上を実現

 

──導入の背景を教えてください。

コロナ禍においてオンライン商談が広く普及していますが、当社ではお客様の希望もあり対面での商談が主流です。

お客様の元へ訪問する必要があるため、商談と商談の合間の時間の活用が課題でした。

カフェや喫茶店などのオープンスペースでのオンライン商談や打ち合わせは情報漏洩などの懸念があり、まさに叡知オフィスクラウドのようなサービスを探していました。

 

 

──主に営業担当の方が利用されているとのことですが、導入の決め手を教えてください。

最大の決め手はワークスペースの選択肢が一番多かった点です。

お客様先での利用が多いため、拠点が多く柔軟かつ中長期的に利用できるサービスを求めていました。

自社運営の施設を提供されているサービスはほかにもありますが、叡知オフィスクラウドがプラットフォーム型サービスである点が魅力的でした。

 

タイムロスがなくなり商談数は2倍に

──実際に利用しての感想や効果はいかがですか?

叡知オフィスクラウドを利用することで、これまで移動やスペースの確保にかかっていた時間を有効活用できるようになり、商談数は約2倍に増加しました。

 

訪問先エリアでのオンライン商談や打ち合わせのために叡知オフィスクラウドを利用することが多いため、基本的には個室スペースを利用しています。

中でも、法人向けサテライト型シェアオフィス「H1T」は非常に綺麗で、フリードリンクやコンセント環境が整っているため快適に利用できています。
基本的には一人で利用していますが、お客様との対面商談の際に利用することもあります。

 

また叡知オフィスクラウドの利用開始以降、アポイントから商談までスピード感のある対応ができるようになり、クライアントの満足度も向上していると感じています。

 

 

──利用した社員の方々からはどのような声があがっていますか。

 

「便利だね」という声が非常に多いです。これまでは喫茶店や屋外など周囲の目を気にしなければならないことも多かったのですが、叡知オフィスクラウドの利用を始めてからは、より商談や打ち合わせに集中できるようになりました。

他にも数字の精査など集中できる環境が必要なときに叡知オフィスクラウドを利用している社員もおり、利用場面は多岐にわたります。

 

 

 

新しい取り組みで働き方改革を促進

──子会社の新規立ち上げ期に叡知オフィスクラウドを導入していただきました。

新しく子会社を立ち上げ、商談数を増やしていきたいタイミングに導入することが出来ました。

当社としては、ご縁があって入社してくれたメンバーにはお客様への付加価値の提供やソリューションの提案など「人」にしかできない業務で力を発揮できる人財になって欲しいと考えています。

そのため、今後も、誰でもできる仕事はAIなどのシステムに任せて、コア業務に集中できる環境づくりのため、新しいサービスや仕組みの導入を積極的に検討していきたいです。

 

 

──今後のテレワークの実施やフレキシブルオフィスの活用はどのようにお考えでしょうか。

コロナ禍においてテレワークやオフィスの在り方が見直されていますが、新型コロナウイルスの流行はきっかけの一つに過ぎず、働き方に関する構造改革は今後もさらに重要になるでしょう。

フレキシブルオフィスの利用を通して、良いご縁や新しい出会いが生まれたりすることもあります。

実際に、もともと繋がりがある企業の代表に偶然お会いしてご挨拶ができたことも。オフィスの在り方を構造的に見直すことが予期せぬ繋がりや企業成長に繋がる点も、フレキシブルオフィスの魅力の一つであると感じています。

 

 

──叡知オフィスクラウドへのリクエストがあれば、ぜひお聞かせください。

当社では基本的にお客様先での商談の合間時間に叡知オフィスクラウドを利用していますが、対面商談で会議室が取れない際などにも叡知オフィスクラウドを活用することがあります。

そのため、今後は対面商談などにも使える、高級感のあるスペースが増えるとうれしいですね。

 

 

──引き続き叡知オフィスクラウドがご支援できるよう改善を進めてまいります。貴重なお話をありがとうございました!

 

-インタビュー

© 2022 eichiii Inc.