テレワーク

リモートワークで集中できる個室環境とは?おすすめの設備や快適な環境作りのポイントを解説

  1. HOME >
  2. コラム >
  3. テレワーク >

リモートワークで集中できる個室環境とは?おすすめの設備や快適な環境作りのポイントを解説

近年ではリモートワークが仕事形態の中心となり、自宅や出張先などで仕事に取り組む人が多くなりました。特に個室リモートワークが注目を集めており、環境を問わず仕事がしやすいのがメリットですがメリハリが付けにくく、集中できる環境を求めている人が多いのが現状です。

 

今回は効率的な仕事が可能な個室リモートワークの環境づくりやおすすめの場所、個室でリモートワークを行う時の注意点、リモートワークでおすすめのアイテムなどについて深堀りします。快適にリモートワークができる環境を整えましょう。

【この記事でわかること】

・個室リモートワークで集中できる環境作りのコツ

・出張時にリモートワークができる場所

・個室リモートワークの注意点

 

リモートワークで集中できる環境の特徴を紹介

リモートワークで集中できる環境は、誘惑が少ない、仕事のスペースが遮断されている、仕事とプライベートの空間を使い分ける、なるべく職場環境に近づける、ストレッチや運動ができるスペースがあるなどの特徴があります。集中できて効率的な仕事ができるように、リモートワークの環境作りにも意識を向けしょう。

テレビやゲームなどの誘惑が少ない

テレビや音声などの誘惑になるものが多いと仕事に集中しにくくなります。例えばゲーム機が近くに置いてあると、ゲームをしたい欲求が頭の中から湧き上がってくるため、リモートワークの作業効率が下がる要因になります。

 

可能な限り誘惑になる物を置いていないスペースでリモートワークを行うと、仕事のみに集中できる環境作りにつながるためとてもおすすめです。

仕事のスペースが遮断されている

仕事と他のスペースが遮断されている環境でリモートワークを行うと、仕事に集中しやすくなります。他のスペースと空間が切り離されていないと、視覚を通して他の人の姿が目に入ってしまうため作業に集中できない可能性があります。

 

また家族と暮らしている人や共同スペースで作業を行っている場合は、ネット通販でテント式で仕事用のスペースを作れるアイテムが販売されており、空間を区切ると作業に集中しやすくなります。

仕事とプライベートの空間を使い分ける

仕事とプライベートの空間を使い分けるのも、リモートワークで集中するためにとても大切なポイントです。プライベートの空間で仕事を行うと好きな本や漫画などが周囲に置いてあるため、仕事モードに切り替わりにくくなる原因となります。仕事の空間を別に確保する方が、仕事の能率は大きく上がるのでおすすめです。

なるべく職場環境に近づける

テレワーク用のデスクでも、なるべく職場のデスクと同じ配置にするように工夫をすると集中しやすくなります。書類やメモ帳、筆記用具などを同じ場所に固定して置いておくと、仕事モードに切り替わりやすい環境になります。自宅や出張先などは職場環境と異なるため全て同じ条件にできませんが、なるべく近づけるように工夫するのが大切です。

ストレッチや運動ができるスペースがある

ストレッチや運動ができるスペースがあると効率的にリモートワークが進められます。座り続けていると血流が悪くなり、集中力が低下する原因となります。結果的に同じ時間を割り当てていても作業スピードに差が出てしまうため、適度なストレッチや運動ができるスペースを確保できる場所を選ぶのが大切です。

出張時にリモートワークができる場所

上記の環境作りのポイントを抑えた上で、出張時にリモートワークができるおすすめの場所はレンタルスペース、ビジネスホテル、ウィークリーマンションやマンスリーマンションの賃貸などです。借りる場所ごとにメリットが異なるため、自分の状況に合わせて活用しましょう。

レンタルスペースを借りる

リモートワークの作業場所としてレンタルスペースを借りるのもおすすめです。レンタルスペースとは一定の時間で決められたスペースを借りられる場所を指します。場所ごとにインテリアや外観、設置されている設備が異なるため、事前にインターネットで比較検討を行いましょう。

ビジネスホテルに宿泊する

ビジネスホテルに予約するのもおすすめです。完全に個室で旅行気分を味わいながら仕事に集中できます。またオンライン会議に余計な背景が映らないので、気兼ねなく打ち合わせができます。ビジネスホテルは長期間滞在すると宿泊金額が高くなりますが、短期間の滞在の場合には気分転換で活用すると、テレワークがはかどるため効果的です。

ウィークリーマンションやマンスリーマンションを借りる

ウィークリーマンションやマンスリーマンションを借りるのもおすすめです。短期間の滞在ならウィークリー、長期間の滞在の場合はマンスリーマンションを利用するなど、滞在期間に応じて使い分けるがポイントです。

 

またレンタルでフィットネス器具やリモートワークに必要な家具や家電などを借りられる場合もあります。運動不足の人は気分転換にトレーニングができるなど、賃貸を利用すると利便性が高いというメリットもあるのでおすすです。

無料で利用できるリモートワークスペースも活用する

無料で利用できるリモートワークスペースを活用するのもおすすめです。無料なため完全個室ではないですが、一時的に利用するなら無料の場所を検討するのも一案です。多くの施設は身分証を提示して利用登録を行えば使用できるようになっており、リモートワーク時の気分転換にもなるためとてもおすすめです。

 

また公共スペースで周囲の話し声や足音などの音が聴こえるため、作業に集中しにくいと思われますが、音楽プレーヤーで音楽を聴きながら仕事に取り組む工夫をすると、雑音が気にならなくなります。自分自身の工夫次第で良い環境に変化できるのでおすすめです。

個室でリモートワークを行う時の注意点

個室でリモートワークを行う時の注意点として時間を管理しながら仕事を進める、仕事をしながらお菓子を食べない、適度に休憩をはさむなどがあります。個室に入って一人で仕事をしていると体調管理やペース配分が難しくなるため、効率的に仕事を進めるために上記の点に注意するのがポイントです。

時間を管理しながら仕事を進める

リモートワークは時間の管理を行うのが、効率的な仕事をするためにとても大切なポイントです。一人で黙々と作業をしているとだらけてしまい、時間だけが経過してしまう可能性があります。時間ごとに仕事量を割り当てて、計画的にリモートワークを行いましょう。

 

またスマートフォンを用いて時間を計測するのもおすすめです。自分の作業時間を記録すると仕事をしている時間がより明確になるため、自分をコントロールしながら作業を進められるというメリットがあります。自己管理が難しい人は時間を計測しながら仕事を行いましょう。

仕事をしながらお菓子を食べない

仕事中にお菓子を食べながら作業を進めないように心掛けましょう。お菓子を食べながらリモートワークを行っているとメリハリがない働き方になってしまい、作業の能率が大きく低下する要因になります。リモートワークは体を休める時は休めて、仕事に取り掛かる時は集中して取り組むメリハリがとても大切です。

適度に休憩をはさむ

適度に休憩をはさむように心掛けるのもとても大切です。作業中に集中している時は続けてやり通したい気持ちになりがちですが、1時間に1度は休憩する方が、全体的な作業量で見ると効率的です。長時間パソコン作業を続けていると肩こりや頭痛、視力低下の原因になるため、適度に休憩をとるのがとても大切です。

 

個室のリモートワークが快適になるアイテム

個室のリモートワークでおすすめのアイテムは電子メモパッドやUSBハブ、ワイヤレスイヤホン、サポートクッションなどがあります。良質なアイテムをリモートワークで使用して、作業の効率化を図りましょう。

電子メモパッド

電子メモパッドは何度もメモを書いてすぐ消せるので、紙が散らからずに整理整頓ができる便利なアイテムです。紙でメモをすると仕事中に無くしてしまったり、重要な内容を書いている用紙を探すのに時間がかかってしまうなどがないため、効率的に仕事を進められます。不要なメモ書きはすぐに消去できるため、とても便利が高いアイテムです。

USBハブ

USBハブはリモートワークで不足しがちなUSBポートを増やすアイテムで、作業の効率化ができるのが大きな利点です。多くの機器を接続してデータの読み込みや移動などができるため、とても便利なアイテムです。

ワイヤレスイヤホン

作業中に音楽を聴く場合やビデオ会議を行う場合はワイヤレスイヤホンがおすすめです。ワイヤレスイヤホンはコードが擦れた時の雑音が入らないのが特徴です。コードがないためクリアな音声で通話や会話を楽しめるので、リモートワークに必須のアイテムです。

サポートクッション

長時間リモートワークを行う場合はサポートクッションを使用するのがおすすめです。サポートクッションをお尻に敷くと体圧が分散されて体への負担が少なくなり、腰痛が緩和されます。腰痛で悩んでいる人は使用をおすすめします。

個室リモートワークのまとめ

今回は個室リモートワークの環境作りやおすすめの場所、注意点について詳しく解説しました。同じ仕事を取り組む場合でも環境が違えば集中力が大きく異なり、仕事の作業効率に影響します。リモートワークは場所を問わず仕事ができるの大きな利点ですが、反対に自己管理が難しいという面があり、自分をコントロールする力が必要です。

 

環境を変えると集中しやすくなり、リモートワークの欠点を乗り越えられます。今回紹介しているアイテムも上手に取り入れながら、仕事環境を整えて快適に仕事ができるスペースを作り、今まで以上に充実したリモートワークを行いましょう。

投稿者プロフィール

伏見 匡矩

伏見 匡矩
2006年早稲田大学卒業後、P&Gマーケティング部門を経て複数の起業、Exitなど経験するシリアルアントレプレナー。
現在、株式会社エイチの代表取締役として、叡知スペースコンシェルジュ、叡知オフィスクラウドなどの会議室やテレワークオフィスのマッチングプラットフォームサービスを提供。
各社のマーケティングや新規事業のアドバイザーなどとしても活躍。

-テレワーク

Copyright © eichiii , All Rights Reserved.